桜散る鞆の浦

  IMG_3581 - コピー
息子、中3になりまして。いつのまにか背も腕力もぐっと成長していて、私の倍以上アサリを堀り起こす。そんな彼を「師匠!」と呼ばずにはいられなかった潮干狩り。たくましくなったものです。友人の6歳・3歳兄弟と枕投げの後は布団の中に引きづり込むブラックホールごっこ。すっかり懐かれ、遊び相手としても汗だく全力。でも小さい子を大事にすることは全ての優しさに繋がると思う。


IMG_3362 - コピーIMG_3533 - コピー
アサリは酒蒸しがやっぱりシンプルで一番好き!


翌日は鞆の浦散策。桜シーズンに訪れるのは初めてで、どこのお寺もピンクで咲き乱れ、それはまるで手招きしているかのようでした。小さい集落ながら約20か所もお寺が点在していて、過去10回は来てる港町なのにこんなにたくさんお寺巡りしたのは今回が初めてでした。桜が一本あるだけで景色が180度様変わり。

IMG_3611 - コピー
IMG_3556 - コピーIMG_3555 - コピー
”静観寺”の桜は樹齢250年。隣に大島桜(こちらは150年)。珍しい柄のチューリップも100本植えられていて、ここは特に桜の季節に来るべきですね。広場では熱々の”甘茶”が自由に振舞われていました。お茶なのに本当に甘い、不思議(*´з`)小雨が降る中、芯から温まりました。


”沼名前神社”の敷地内にあった蔵もピンクに彩られて。

IMG_3560 - コピー
IMG_3548 - コピー
IMG_3543 - コピーIMG_3544 - コピー
「ちょっとあんたら、”南禅坊”は行ったんか?去年文化財に登録されたけん見た方がええで!」と、いきなりお爺さんが親切に声をかけてきてくれなかったら行くことはなかった裏通りにひっそりある、赤が印象的なお寺。本堂と山門が2014年12月19日に有形文化財に登録されたばかりでした!ここが個人的には一番好み♫


”地蔵院”の枝垂桜も圧巻。

IMG_3539 - コピー


鞆の浦は何度来ても、お気に入りの町。
IMG_3562 - コピー

●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いします">ランキングバナー
16:54 | 国内旅 | comments (0) | edit | page top↑
恐るべし京都 | top | イギリスの額

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する