ドイツ記・プレゼント

   ドイツ 装飾シリーズ20497 - コピー
ときには1時間以上待ってくれていたこともありました、公園や宿泊ホテル、園内であればそこで待機しといてもらえたけどそんな都合のいい例は2,3回、小さい町だとグルっと1人で散歩してくれたり、砂や石場であれば絵を描いたり、側に座ってオモチャ同士の戦いごっこしてくれてたり、歌を歌ってくれたり(ちなみに変な)もちろんずっとおとなしいわけではありませんが、去年のフランス旅行に比べたらめっきり手がかからなかった。これが絵描きの母を持つ息子の宿命。


フランクフルトに戻ってきました。そんな彼に旅行最後の日、とっておきのご褒美として遊園地に行くことを考えていた。大きな声でテンションもあげて言いたいところ!母さんあんたのことも考えてるよ!って。でもまだ言えなかった、市内から電車乗って1回乗り換えて降りてシャトルバスに乗って1時間半もかけて、シャトルバスってHP見たけどなんだかさっぱり・・行く日はちゃんと出てる?辿り着ける?確信はもちろんなし。


こっちは次乗り換えがあるってのに!13分しかないってのに!最初の鉄道10分遅れで出発、おかげで3分しかないじゃん、ホームを走って走ってなんとか乗り換え成功。次で降りたのはほとんど人がいない寂しい駅、どうせわかりにくいんだろうと覚悟してたら拍子抜け、遊園地のロゴが表示されてる間違いない、シャトルバスはこっちだよ~って、若い子たちが10人ぐらい同じく待っていた、バスは時刻通り、来た!



SBCA0974 - コピーSBCA0977 - コピー
 ”モノより思い出”ね♪
ドイツ人に混じってアトラクションに並び、歩かないわよ半日しかないんだから18時のバスに乗らないといけないんだから移動は全て駆け足で、東洋人は私たちぐらいだったね、現地住んでるならまだしもまさか旅行の一端で来てるだなんて思われないか!?フリーパスで大人3千円ぐらい。日本にはないキャラクターが(微妙なものも含めて)いっぱい、↓これは大きな口を開けたオジサンが食べ物を口に入れながらドイツ語喋ってました



SBCA0978 - コピー




●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー



16:26 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (0) | edit | page top↑

ドイツ記・行っときゃよかった

   ドイツ 装飾シリーズ10496 - コピー
壁や木製ドア、フェンスの詳細図が資料の挿絵として載っている、そんなイメージのスケッチもあってもいいかなと、ドイツ&チェコでその都度描き足していきました。上の文面は、チェコ・チェスキークルムロフの教会の中壁に記されていたものだったり、下のツリーみたいなのは同じくチェスキークルムロフのお城回廊天井にあった模様だったり。最後の仕上げは風合いを出すために、紅茶で3,4度しっかり紙を染めて出来上がり。


さて、「Eisenach アイゼナッハ」というバッハの生まれた町がある。生家は美しい民家らしい。ワイマールからフランクフルトへ戻る道中にあったのに計画に入れてなかった、後に本をもう一度見返した時思った、ここは絶対訪れるべきだったと。なかでも町のシンボル・ヴァルトブルグ城にある”宴会の間”(5月~10月のみ公開)は、13世紀に造られた天井の梁をはがして格天井(カセッテン・デッケ)が見えてる内装は見事
あ~~やっぱ行っときゃよかった! ここもガイドブックには載っていない隠れ家的町らしい



SBCA1052 - コピー



●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー



11:13 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (8) | edit | page top↑

ドイツ記・こんな宿は良し悪し

ドイツ・ワイマール自転車0484 - コピー
Wimarワイマールで選んでいたホテルは1泊目25€(ツインで¥3.000)、2泊目はでも50€。共同トイレ&シャワー、いわゆるユースホステルみたいな、でも部屋はちゃんと個室だったしなんといっても値段が安く他にホテルのチョイスがほとんどなかったし共同は嫌で避けていたけど1回ぐらいは我慢しようとここにした。


ウロウロウロウロ、ホテルがわからない、地図が示してるその場所にいるのに、普通は壁に大きくホテル名が記されていたり看板があったりするのに。確かに通りから少し奥にひっこんだ建物に「HOTEL」とだけ書かれていたがコインランドリーみたいな雰囲気だったしまさかあそことは思わなかったがそこだった。肝心のホテル名だがドアにシールが貼ってあり、丸い円の中にクネクネとデザイン化されたロゴになっていた、よく見たらわかりますけどね・・・普通わかるか!ドアを開けるとすぐ階段があり上がっていくと優しそうなお兄さんが受付に。いつものようにネット予約した紙を見せる、これは金額をちゃんと確認する上でも欠かせないからね、なに?シーツやタオル代が別途いるって??聞いてませんけど・・。でもなかったら困るのでお願いするしかなかった。いきなりドサっと持たされる、ま、まさか~セルフベットメイキング~~、お金払ったのに自分でですよ?してくれるんじゃないの?今までイギリスやオーストラリアなどでユース宿泊したことはあるけどそこでもなかったですよ、これは初めての経験です。あのね、ワイマール駅から遠かったのよしつこいようだけど徒歩20分、ホテルも迷ってね、もうへとへとなの休みたいのベットにポーンって乗りたいの、おまけに家事の中で一番嫌いなのがこの掛け布団カバーを着け外しすることなのにー!
シーツ4€(¥460)タオル1€(¥115)ビジターTax2€まで取られる。



SBCA0944 - コピーSBCA0948 - コピー
部屋は息子が喜ぶような階段が、ロフトがあってなかなかいいじゃない!一緒になって楽しいね~なんて言ってたけど、もともとロフト用に造られた部屋じゃなく、無理やり造っている、なのでベッドから天井が近すぎて立てない、ということで座ったままベットメイキングですよ、マットと掛け布団と枕を2組づつ、ほんとなんなんでしょうこの重労働は、忘れてやいないかぃ、あたしゃ客だよ!


左隣のビルはオフィスらしくこの窓の前がその出入り口になっており人はよく通るわ、おまけに喫煙場所になっていた。なんか臭うと思ったのよ・・・おかげで部屋唯一の換気&明り取りは、日中はほとんど窓もカーテンも開けれず。ちなみに部屋の電気は間接照明2つのみなので暗い、共同廊下のタイルは人が歩くたび足音も声も響くし、夜は壁が薄いのか隣人のイビキまで聞こえてきて、部屋にテレビもラジオもないため他で気を紛らすこともできず、共同キッチンには外国人がいっぱい集っていて落ち着かないし、水まわりは綺麗だったが共同シャワーは使う気にならずここに居る間、見送った。いくら宿は寝るだけといっても昼間の疲れを癒す、雑多から逃れる大切な場所だったとここにきて気づくのだった。



SBCA0943 - コピー



●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー
11:17 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (2) | edit | page top↑

ドイツ記・ちっさい運び屋

   SBCA0022 - コピー
小型サイズ、古びて色褪せた表紙、この2冊が専用の茶色い箱に入っている姿といったら


本だけでも3kg。スーツケースは最初の町フランクフルトのホテルに置いてきてたから、斜め鞄と肩掛け鞄そして息子のリュック3つのみで6つの町を巡ってきた。本が加わり今、重さのピーク。でも次はもうフランクフルトに戻ってスーツケースに詰めるだけだもんね!それが、Wimarワイマールの町って駅から離れていて徒歩20分はかかる。それを見込んで早めにホテルを出たが・・10歩歩いて異変に気づくも、気のせい気のせい、なんとかなる、なんとか行ける、なんとか持てる、持ち続けられる、気持ちは強くあっても汗が吹き出し手が肩が腕がしびれてくる、荷物を降ろし数秒休憩、そしてまた10歩、そして休憩、を繰り返す中、息子にももちろん荷物を分けて持たせていたんだけどその態度がね、おっもてぇ~と言わんばかりの不機嫌な顔して亀並ですよ歩く速度が、おまけに荷物を降ろし立ち止まってる時間が長い。・・このままだと電車間に合うわけない!よ! えぇ、わかってます、なんでこんなことになったのか、本買ったからですよ、14冊も、息子はとんだとばっちりです、いちお運んであげているのに態度が気に入らないと母さんなんか怒ってますからね、自分の荷物なのにね。電車は間に合ったんだけど、アンナアマリア図書館に行ったことで予約してた便とは違うのに乗らなきゃいけなくて(何回も復唱するが、ドイツ鉄道は乗る時間によって値段が違う)あいてる席に座り車掌が来た時、二人でタヌキ寝入り、いやね、追加運賃発生してたならもちろん払うのだが、もう・・何もしたくない誰とも話したくないフランクフルトまでの2時間とにかく休ませて・・・



SBCA0020 - コピー
SBCA0021 - コピー (2)SBCA0023 - コピー
箱に入れた状態で13cm×10cm 20€(¥2.300)
開くとツバメ模様の紙が貼られていたり、全ページ周りに薔薇モチーフが施されていたり



SBCA0024 - コピー
これも本当に悩んだ一品、ご覧のように分厚くて重たいんだもの、でも我が家にあったらどんなに素敵だろうと・・・。表からグルっとデザインしてあり、わざと切れっぱなしの蛇腹なページになっている。14€(¥1.600)


SBCA0025 - コピーSBCA0026 - コピー




●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

11:26 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (7) | edit | page top↑

ドイツ記・古書巡り

   SBCA0005 - コピー
30分もあればまわれる小さい町だからこそお店も厳選されたレベルの高いものばかりな気がします♪ここ、ワイマールは古書屋さんが多く、連日雨が降り続いていたこともあってよく訪れるうちに、”海外に行ってもモノは極力買わない”という自分に課したはずなのに、町から町への移動は肩かけ鞄に全て入れて移動している身なのに、買った。1冊だけと手にとるとあとは雪崩のごとし、これは運命の出会いなどと思い込み日本に持って帰りたくなったのは、これでも厳選して、14冊。


SBCA0004 - コピーSBCA0008 - コピー
背表紙の色合いに惹かれてこうなりゃBOXごと。いや、だいぶ悩んだんですよ、さすがにこれは、重さ1キロありますから。この中の1冊は、マークのデザイン集みたいになっており、実に・・美しい。5冊セットで30€(¥3,450 けっこうするんだな)


SBCA0001 - コピー
SBCA0010 - コピーSBCA0011 - コピー
この形と厚さとラベルのものが何十類とあった中から、お気に入りの表紙柄を選ぶ。とくにこのキノコちゃん、中もキノコのカラーイラストが満載。大体4€~7€(¥460-¥800)


SBCA0012 - コピー
チューリップの表紙が目を引く。4€(¥460)
緑の表紙はなんの変哲もない感じはするのに、中を見て一目惚れ。手紙の書体やデザイン画が240ページにもわたって綴られている。12€(¥1400)



SBCA0015 - コピーSBCA0018 - コピー




●2011カレンダー”テーブルの上の幸せ” 販売中!あとわずか! こちら から


●人気ブログランキング参加中!今日もポチっとお願いしますランキングバナー

15:11 | 2010年ドイツ&チェコ親子旅 | comments (4) | edit | page top↑